やすなが接骨院

0827-43-3335

受付時間

アクセス

脊柱管狭窄症

こんな症状でお悩みではありませんか

腰部脊柱管狭窄症とは?|やすなが接骨院

背骨には、脳から続く神経である脊髄が通るトンネル(脊柱管)があります。脊柱管狭窄症とは、骨や靱帯の肥厚、椎間板の突出などで脊柱管が狭くなり、脊髄が圧迫され腰の痛みや足のしびれなどの症状を起こすものです。

代表的な症状としては、立っているとき、歩行時において臀部(お尻)や下肢(膝下)などへの痛み、しびれが出現します。多くの場合、歩くことで疼痛が出現し、一定時間の休息で再び歩くことができるようになる「間欠性跛行」を呈します。

専門用語になりますが、馬尾神経が障害される場合、神経根が障害される場合、両方が混合してる場合などいくつかのタイプに分けられます。

また、加齢による影響が強いため50代以降の高齢者に多くみられます。

腰部脊柱管狭窄症の原因|やすなが接骨院

加齢による骨や靱帯などの変性によって起こるほか、椎間板ヘルニアなどの症状に続いて発症することもあります。

年を重ねることにより、背骨が変形したり、椎間板が膨らんだり、黄色靱帯が厚くなって神経の通る脊柱管が狭くなり、それによって神経が圧迫を受け神経の血流が低下して脊柱管狭窄症が発症します。黄色靱帯は、老化やホルモンバランスの崩れが原因でもろくなり、厚みを増すといわれます。

当院の施術|やすなが接骨院

岩国市のやすなが接骨院・整体院では、まず、問診において症状を詳しく聞かせていただきます。いつから症状が出現したのか?どんな動作をすると辛いのか?日常生活、仕事などの姿勢、動作に特徴があるのか?生活において一番困っていることは何か?など総合的に症状を分析していき、治療方針を決めていきます。

「脊柱管狭窄症」の症状は、軽度のものから、重症のものまで患者様によって様々です。まず、一番はじめに重要なことは手術の必要性がある否かです。手術の必要性が考えられるものとしては、排尿障害(尿漏れや尿の排出困難)、排便障害を起こしたとき、著しく筋力低下が生じたときなどです。

このようなときは、早急に手術をしないと神経がダメージを受けて、手術の効果が得られにくくなるため、治療を行う前にMRI検査の行える病院への紹介をさせて頂きます。

上記の問診、評価を行い当院での治療の有用性があると判断した場合に治療を行います。

脊柱管狭窄症の多くの方は痛み、しびれの症状が主であるため、治療においても深部に電気刺激を与え痛みの抑制を行うハイボルテージ、また深部に振動刺激(マイクロマッサージ)与え血流改善を促す超音波治療の二つを組み合わせたコンビネーション治療を行います。

また、痛みによって腰椎関節、股関節周囲の動きが小さくなり、それにともなって筋緊張も起きてしまいます。患部周辺の筋肉においては手技療法にて筋緊張の軽減、ストレッチにおいて各関節の柔軟性を改善します。

さらに、症状に合わせた運動療法、インナーマッスル強化、セルフケアストレッチなど自宅でできるように説明させて頂きます。症状の悪化をさせないためにも、正しい姿勢、動作で運動を行う必要があります。

脊柱管狭窄症の症状は、患者様によって軽度のものから重症のものまで様々であるため、一般の方はどうすれば良いのか迷ってしまうことが多いのではないでしょうか?どうすればいいのかわからない方、まずは「やすなが接骨院・整体院」までお気軽にご相談してください!

▼ 当院が自信を持って推奨する根本改善の解説はこちら ▼

当院のご案内|岩国市のやすなが接骨院・整体

やすなが接骨院

住所
〒741-0061 山口県岩国市錦見8-7-21

やすなが接骨院

受付時間

0827-43-3335

院名やすなが接骨院
院長名安永 尚弘
住所〒741-0061 山口県岩国市錦見8-7-21
アクセス西岩国駅より徒歩3分
電話番号0827-43-3335
駐車場店前5台 第2駐車場4台 完備
定休日日曜日・祝日

お問い合わせ・ご予約はこちら。0827-43-3335